日本語教育

今海外で日本語を学ぶ人が365万人を超えています。
多様化する目的やニーズに適切に応えることが、日本理解や
国際相互理解の増進につながるという観点から、教育・学習
環境の装備拡充のために、さまざまな支援を行っています。

日本語教師の活動支援

中等日本語教師集中研修の実施

中等教育機関の日本語教師を対象に、年に1回、短期間の集中研修を実施しています。

各地域の教師研修への協力

各地の教育庁や日本語教育研究会が開催する職務研修に、日本語教育アドバイザーが出講しています。

日本語教師サロンの実施

日本語教育に携わっている方を対象にしたワークショップを開催しています。(3月~6月、9月~12月の第1土曜日、14:30~16:30)

日本語教師研修

国際交流基金の附属機関である日本語国際センター(埼玉県)において、海外で教育活動を行う外国人日本語教師を対象にした研修を実施しています。

日本語教育機関・団体に対する支援

大学訪問

大学からの要請を受け、日本語教育アドバイザーが出講して、日本語教育に関するセミナー等を実施しています。

中等教育機関訪問・センター訪問受入

中等教育機関からの依頼を受けて各機関を訪問、またはセンター訪問受入を行い、日本語授業のサポート、日本文化紹介・体験のサポート等を
行っています。

日本語サポーター事業の実施

日本語学習者と日本語母語話者との交流機会を増やすため、留学生等を中心に韓国在住の日本語母語話者を「日本語サポーター」として募り、学校訪問
時に同行してもらっています。

  JF サポーター事業 申込書 DOWNLOAD
日本語教育に関する各種事業の実施・助成・協力

日本語教育・日本語学習を奨励・推進するための事業を実施しています。また、日本語教育に関する各学会、日本語スピーチ大会や日本語キャンプ、
その他日本語教育に関係する各種事業に対し、助成や運営協力も行っています。

日本語学習者に対する支援事業

JF日本語講座の実施

入門、初級から中上級まで段階的にレベルを上げていく「ステップアップコース」、上級者を対象とする「実践コース」の2つのコースで構成された
JF日本語講座と、日本語実力上級者のみを対象にして文化の多様なテーマを通じて日本語及び日本文化を理解する文化日本語講座を開設しています。

専門家及び日本語学習者研修

国際交流基金の附属機関である関西国際センター(大阪府)において、日本研究を行う研究者や図書館司書、美術館・博物館の学芸士などの専門家を
対象に、それぞれの研究や職務に役立つ専門日本語の研修を行っているほか、海外の日本語学習者を奨励する日本語学習者訪日研修を実施しています。

日本語能力試験 (JLPT)

日本語能力試験は、日本語を母国語としない人を対象に、日本語能力を測定し、認定するための試験です。現在、世界最大規模の日本語の試験で、
2015年には、69カ国264以上の都市で約65万人が受験しました。

その他の事業

海外日本語教育機関調査

世界中で日本語教育を実施している機関を3年ごとに調査しています。
2015年に実施した調査では、137の国・地域で日本語教育が実施されていることが確認され、学習者数は合計365万人余りでした。

JF日本語教育スタンダードの開発/日本語学習教材の開発

「JF日本語教育スタンダード」は、「相互理解のための日本語」を理念としており、日本語教授法、学習法、学習成果の評価方法を考えるツールとし、
また、海外の日本語教育の様々な基盤整備の中心的な役割を果たすプログラムとして、国際交流基金が開発したものです。この「JF日本語教育スタン
ダード」に基づいて開発された日本語教科書が、『まるごと 日本のことばと文化』です。この他にも、インターネットを活用した日本語教師・学習
者をサポートするためのツールの開発・運営・普及を行っています。

日本語教育関連リンク
トップに戻る

개인정보보호정책 팝업 닫기

SNS運営方針

SNS운영방침 팝업 닫기

일본어능력시험(JLPT) 저작권 안내

JLPT저작권안내 팝업 닫기

E-mail無断収集拒否

이메일주소무단수집거부 팝업 닫기

Sitemap

センター紹介
事業紹介
사이트맵 팝업 닫기